草津温泉街の再興は町長みずから実践。

静岡の地上波ではテレビ東京の経済番組が見れない。カンブリア宮殿やガイアの夜明け、WBSなど市場動向や観察にはいい番組。

なんだかんだ見てしまう【カンブリア宮殿】村上龍のファンもあるが、なにより鋭い質問がいいから社長の回答も核心的。

静岡藤枝が地元の家内のほうが、楽しみに毎回熱心見ながら原理原則を知ってから重ね合わせて「あーでもない、こーでもない」といいながら楽しんでいる様子。

こういった情報で格差は数段出てくると思うこの頃。この番組を親が中高生に見せているお宅と全く知らないで過ごすお宅の差は大きいかと将来的に。様々な職業があることが知れるし高校進学から大学を考えるのにはいい番組。そんなこんなで静岡では見れないのでビジネスオンデマンド月学500円払って見ている。事業者やビジネスマンにはおすすめの番組を放送するテレビ東京のビジネスオンデマンドだ。

逆襲温泉街スペシャル

「逆襲温泉町の再生」。膨大な数の源泉や温泉旅館を持つ日本。その「温泉」という“宝”を、時代に合わせて、もっと磨けば、とんでもない変化を呼び込むことができる!そんなチャレンジで大成功を収めた、伝統の温泉町「草津」と「湯沢」に現れた革新の男を徹底取材!彼らが断行した、驚きの改革を追った!

知っているか、知らないか。知ったから実践してみて、結果、成功経験した。そんな町長が当選したから復活した草津温泉街の事実。と見ていて感じた。

・草津温泉という最大で絶対的な所有資産を活かしまくった。特に湯畑。
・自らの「シャンパンタワー理論」と言う。ある意味、一番主義と集中主義に当てはまることを実践していた。
・人が集まるところはビジネスになる。
・東京見ずに、再興はできない。人が集まる東京へあしげなく通い観察した。(ストアコンパリゾン)

現在の町長以外は、大体がホテル・旅館のオーナーが町長・・・って、それでいて2005年まで温泉街の来客人口は下降線。結果出てないじゃん(笑)むしろ下降線になっている事実。何故そうなのかは、どの市町でも起きている軋轢ですよね。長老とか大御所とか言われる方々とのVS疲れでしょうね~。公務員の長が先陣きって「いやなら、俺の首をとって止めろ」と言い商店街や自治を突破した。多分、最中は超ど級に孤独で辛かったし心労は半端なかったと思います。結果シャッター街にならずに済んだ。さらに反対してた方々だって便乗して店舗リニューアルまでしちゃっている。おおよそ70店舗が(笑)。

町長は当選前にみずからの会社で経営を経験。その成功体験を活かされるあたり、街を経営視点でみるから再興できやすかったのではと、そのほかにも成長事例がある市町村をみると似たような共通したアクションがあると思います。なぜ、ほかの地域はヤラないのかと思う。特にこの静岡中部。浜松の方が伸び率はあるような、コストコが来てしまうくらいの立地だから当然か。

下降線当時の草津温泉2005年

からの~大復活の現在の草津温泉

軒並み、ホテル、旅館は絶好調!

テレビ東京ビジネスオンデマンドとは

「テレビ東京ビジネスオンデマンド」とはテレビ東京で放送したニュースや報道番組の一部をインターネットで視聴いただくサービスです。経済を詳しく伝える最新ニュースを毎日更新し、旬な情報をお届けいたします。

メニューを閉じる