【ブライダル集客2】結婚式費用が高い問題解決が先決

静岡結婚式めぐみウェディングの集客

前回【ブライダル集客1】記事からの続き

静岡県内で(要望あれば他県でも)結婚式プロデュースを手掛ける「めぐみウェディング」【会費制1.5次会・ホテル結婚式・神社挙式・2次会代行もOK!】のサービス構築方法公開中。

【結婚式費用が高い問題を解決できるサービス】へ。

お祝い事、一生に一回。だから、結婚式費用の当たり前「商習慣」は当たり前じゃない。

当たり前じゃないと思っているから「費用が高い」と大体(大衆の範囲)のカップルは思っている事実。

それでいて、そもそも「結婚式を挙げる婚姻カップル」(新郎新婦)は、

【自分たちの予算で、自分たちにの感性で好みの結婚式スタイルを決め、良いと思う会場を選び、結婚式当日を迎える】

と言う事実。

接客・営業が選ばせているとか、プラン提案が効果を挙げているわけではなく、

最終的に選んでいるのはお客側という事実に基づくと様々な問題は解決へ至る。

事業者本人が最初に決めること

>>事業を行う本人が、どうしたいかを決める。
市場動向データーの現実事実を基礎に踏まえてに組み立てます。

A:何人ものプランナー雇用して拡張路線か。✗
B:全国に展開するサービスにしたいか。✗
C:地元中心で事業を行えれば良いか。○

A・Bは資本が必要となり現実的には現在では実現不可。どうなりたいかを決めると「C」となる。

(この際に粗利益の計算は当たり前。いくらならONするのか。実はココめちゃくちゃ大事。月売が明確になる=契約数が明確化=作業量がキマる。運営内容も必然と確定する)

>>1~3はサイト運営に必要な必須作業はいかほどか

1・サイト更新大変(リテラシー向上まで時間を要する)
2・記事更新苦手(文章を書くことをしてこないので、時間かかる)
3・アイキャッチに使う写真品質(スマートフォーンでの写真撮影、加工もイマイチ)

と、なると運営しなくとも検索で表示された【めぐみウェディング】サイトにアクセスしたユーザーが反応するウェブサイト=結婚式費用が高いを解決するサービス構築に集中する。

>>想定される対象
・何から初めていいのかわからない新郎新婦
・やりたいことだけがふくらむ新婦と面倒くさがる新郎。
・安く結婚式を挙げたい。
・比較検討しているが比較検討になっていない。
・見積もり検討中ユーザー。予算が決まっているパターン。
・ブライダルフェアでしっくりこないユーザー。
・会場は決まっているが、そこのプランナーと相性が合わない新郎新婦。
・会場と内容と金額に不満のユーザー
・挙げたいけど費用に悩むユーザー
・結婚式ってホテル・専門式場でしかできないと思いつつも「なんか、高くね?」と思い調べ始めたユーザー
・挙げないと思っていたけど、費用みたら挙げてもいいと思ったユーザー
・相場の結婚式費用で挙げるユーザーはある意味、対象外へ。

などなど、実際にいままで3000組新郎新婦と関わり、創業して18年間の傾向を踏まえて、問題と課題を観察、課題を分析。どうしたら課題を解決出来るのか判断する。作業へと進めていく。

現在のサービス内容を見直す

【訴求部】(いままで)

「レストランウェディング、少人数結婚式、1.5次会でオリジナルウェディングを・・・」

って言われてもピンとこない。特に新郎側。それでいて大半の婚姻カップルにとっては「自分たちの結婚式は初めてのコト」だから見合う情報にするために具体的な内容を精査する。

【具体的なサービス内容部】

実は、ほぼ「パッケージプラン」と言えるくらいの内容。式当日の準備一式は面倒だ!というお任せ婚姻カップルには朗報すぎる内容。これを前に出さなくて何を出すというレベル。提携・協力会場も地元では問題ないところを使える。

【問題の結婚式費用部】

カスタマイズで会費制プランを作っている。新郎新婦(ご両家)ご負担0円も可能!いままでの一番多く利用された結婚式費用を算出する。結婚式費用は結婚式界隈のカラクリとも言える部分を知ると、サービス構築はだんだんと決まってきます。

【改革部】

全体が出揃ったところで、生存対策に必要な帰納法と作業改革(コスト削減の本質)。
完全オリジナルを作り上げるのは潤沢資本が必要。小規模なら決めたライン(数値)までの成長スピードに時間かけてますと店仕舞い。ニーズだから売れている・利用されているサービスであることを先駆けてやっている企業を観察し模倣できることは取り入れて実装する。重要。

商売に特殊技能はいらないし、自撮りや交流会やってますアピール写真のSNS投稿もいらない。それによく聞く「小さく始めて大きく育てる」と聞こえは良いけど、それって大きく育つビジネスや商品を選んでいることが前提。気合と根性でウェブ集客とか、やるべ作業がお門違い。もし育てられているなら下降線にならないし、集客問題、売上不調とかもならない。

お客が困っていることを改革できるサービス提供を。(本来は社会性と革新性の要素が必須)

結婚式費用が高いを解決サービス群

・見積もり不明瞭   → 明瞭会計
・持ち込み有料    → 元々持ち込み大歓迎「0円」
・式準備の手順組不明 → すべてご用意:進捗管理ディレクション
・結婚式費用高い   → 相場より30~70%OFFも実現
・支払い       → 後払いOK(クレジットカードも可)当日払い。
・ローン       → あるわけない。
・プラン       → 予算に合わせて上限下限可能

という具合に出揃ったところでそのままサービス化。

粗利益を決めていることから「サイト更新」を行わずとも「反応数✕ご依頼数」で運営が回る件数を決めているから、必要のない作業はしなくて済む【サービス内容を】ウェブサイト化しているから得たい状態が再現されます。

その為には最低限必要なサイトタイトル(屋号)、ディスクリプション、更新部に定番の記事作成、初回の定番の各SNSプラットフォームへの投稿は当たり前に、且つ「正しい情報伝達のデザイン力」の品質で。

単純に安いを実現しているわけでもないのでアシカラズ。

最後

わたくし個人的にも経験談的に、会場見学、ブライダルフェア、それに伴う試食とか何も感じない。前提条件に見積もりが不明瞭の点も。若い頃、某大手カウンターから紹介されて本会場に行ったら100万以上プラスで見積もりが再提出されるを経験したら、げんなりするのですわ。アレをうれしき・たのしきで毎週末デート代わりに行うのはしんどい派のわたくし。そうなると、その先の【結婚式準備】~【当日】が思いやられてしまうわけです。面倒だと思うと、高く感じてきてしまうのが人の心情。それらを解決しているめぐみウェディングの会費制の専門サービス「二人のウェディング」。

会場所有の事業者様・飲食店オーナー様へ

場所提供の相談・結婚式プラン構築を随時、承っております

貴社ウェディングプランの構築もお手伝いさせていただきます。会場提供の収益性を可能にするのこともフリーウェディングプランナーの特徴でもあります。

ご連絡は>>
当サイトフォームより、または、二人のウェディングお問合せフォームにて。

二人のウェディング問合せフォームは「相談予約」内容になっておりますが、下部「質問・要望」枠へ「ウェディングプラン構築相談」と記載いただければスムーズです。ご指定のご連絡先にお電話させていただき商談日時を調整させていただきたく存じます。

メニューを閉じる