article

「空飛ぶ車」の実用化2023年事業化!?官民協議会で取りまとめ中!!

政府は12月20日、東京都内で「空の移動革命に向けた官民協議会」の第4回会合を開催し、「空飛ぶ車」の実用化に向けた技術開発や各種ルール整備などに関するロードマップ(行程表)を取りまとめた。

2019年に試作機を完成させ、試験飛行や実証実験を行った上で、20年代半ばに事業を開始し、物の輸送や地方での人の移動に活用、30年代には都市部でも人の移動に使うとの道筋を打ち出した。事業化は23年を目標に掲げている。

必要となる離着陸場や空域、電波、安全基準の調整・整備、運行管理システムの開発、機体の安全性に関する基準の見直しなどを順次進めることも盛り込み、世界に先駆けて空飛ぶ車を実現するため、国土交通、経済産業などの関係省庁・業界や研究機関が連携して諸施策に取り組む。

と、会合の最後に参加した世耕弘成経産相は「官民が一丸となって目標時期を明記したロードマップの発表は世界で初めて。空飛ぶ車は単なる手段にとどまらず、大きな意義が2つある。1つ目は物流や災害など社会課題の解決に大きく寄与する。2つ目は日本の将来産業のロールモデルになる」とあいさつ。

「異業種間のつながりが成功の鍵を握る。未開の市場で日本がプレゼンスを示すことができれば“勝ち筋”をつかめる。ロードマップを絵に描いた餅に終わらせてはいけない」と語り、政府としてもバックアップを急ぐ姿勢を強調。

▶:経済産業省:イメージ動画名 「さあ、空を走ろう。」

▶経済産業省ウェブサイトから:第3回「空の移動革命に向けた官民協議会」を開催します“空飛ぶクルマ”の実現に向け、官民共同でロードマップを作成より
【URL】:http://www.meti.go.jp/press/2018/11/20181114004/20181114004.html

▶:協議会の会合に示されたロードマップ(経産省など提供)PDF

関連記事

【ウェディング集客2】結婚式費用が高い問題

前回【ブライダル集客1】記事からの続き 静岡県内で(要望あれば他県でも)結婚式プロデュースを手掛ける「めぐ...

日本一過激な地方創生請負人の著書「地方創生大全」通りにやってみたらいいのに。

「地域おこし協力隊」が抱える根本的矛盾:2018.12.19ダイヤモンド・オンラインの記事をたまたま目にする。 ...

集客するホームページの「非常識なデザイン選定」

集客が起こるホームページの要素として「非常識なデザイン選定」ということで、ホームページで「目的を達成させるため」...

【ブログ集客】新規会員・毎月10件以上獲得の仕組み

お客様目線。ニーズに応える。お客様のために。などなど言うものの、結果的には、売れない状況、集客できていない状態、...

Webサイト制作のご相談やご質問、
ご不明点などございましたら
こちらよりお問い合わせください。

080-5168-4605
受付時間 10:30~21:00(年中無休)